木造軸組構法について

住宅の性能の特徴を決める上で大きな役割を担っているのが「構造」です。どのような材料を使ってどのような工法で作るのかというのは、一戸建て住宅に大きく影響しています。今、最も注目されている構造は「木造軸組構法」です。これは日本で古くから伝わる構造です。木造ということで、性能面に不安を感じるという人もいるかもしれませんが、この工法にはどのような特徴があるのでしょうか。

まず、意外かもしれませんが木造建築の一戸建て住宅は火災に強いという特徴があります。枯葉や細い枝などは論外ですが、住宅で使われるような太い木材は燃えにくいので、火事になったとしても延焼を防ぐことができます。また、しなやかな材質なのでたとえ地震が起きたとしても力を分散させることが出来るので倒壊を防ぐことが出来るのです。

さらに注目すべきなのが、近年ではCAD設計をした木材をロボットによって加工を行います。これによってヒューマンエラーが起こりにくいだけではなく、人間の手ではマネすることのできない精巧な加工が可能となるのです。このように精密な施工を行うことが可能となった木造軸組構法は、今多くの家庭で普及しています。雨漏りが起こるような欠陥住宅も激減しているのです。

トップページ購入のきっかけ耐震性能について木造軸組構法について省エネ性能について
防犯対策についてキッチンについてモデルルーム攻略法リンク集サイトマップ

Copyright © 一戸建て住宅を購入するテクニックをまとめてみた!, All rights reserved.